わたしの履歴書

以下、私(池上敬一)のヒストリーを時系列で並べ履歴書にかえたいと思います。

生い立ち
1954年 父の勤務(製薬会社)先、大阪の社員寮で生まれる。
本籍は佐賀県
父の転勤で福岡市に転居
幼稚園、小学校、中学校時代を現在の福岡ドーム周辺で過ごす。
中学校2年時に父の転勤で神戸市へ転居
神戸市立本山中学校へ転校
兵庫県立芦屋高等学校を昭和48年に卒業
宮崎医科大学(現宮崎大学医学部)に入学(昭和50年)
1981年(昭和56年)に宮崎医大を卒業し医師国家試験合格

職歴など
1981年-1982年
大阪府立千里救命救急センター(現大阪府済生会千里病院救命救急センター)、
大阪大学医学部附属病院特殊救急部(現大阪大学病院高度救命救急センター)で研修
1982年-1984年
国立東静病院外科(現独立行政法人国立病院機構静岡医療センター)で外科研修
1984年-1985年
済生会神奈川県病院外科で外科・救急外科研修
1985年-1988年
大阪大学医学部附属病院特殊救急部
 1988年 医学博士(大阪大学)

1988年-1998年
杏林大学医学部救急医学
 1989年 同上講師
 1992年 JICA専門家(救急医療)としてマレーシア国サラワク州に派遣
 1993年-1995年 ハーバード大学医学部外科・ベスイスラエル病院留学

1998年-2016年
獨協医科大学越谷病院救急医療科・救命救急センター
 1998年 同上助教授
 1999年 同上教授
 2001年 救命救急センター長

2016年-2017年
医療法人社団 悠翔会 越谷クリニック(訪問診療)
2017年-2019年
医療法人社団 青葉会 一橋病院(訪問診療、総合診療、救急診療)

新潟県三条市へ
2018年7月
新潟県三条市無医地区(下田地区)の医師招聘を知る
2018年8月
現地訪問、三条市担当者と初ミーティング
2018年9月
三条市市長と内科(総合診療)開業の協定書交換
2019年7月
三条しただ郷クリニック開設・開院

家族
両親(昭和4年生まれの父、昭和5年生まれの母)は東京都足立区内のサービス付き高齢者住宅(銀木犀・西新井大師)入居中
妻 都内総合病院眼科勤務医
長男 後期研修医
次男 前期研修医

仕事・趣味・健康など
大学卒業まで
身長 175cm、体重 70kg台、映画、読書、遊び一般、ディンギーなど

大学卒業後から30歳まで
仕事、勉強、仕事、勉強、不規則な生活(食生活)により体重増加

30歳台
仕事、研究、仕事、研究と規則正しい生活の導入
生活改善・トレーニング(エアロビクス、水泳、ジョギング、自転車)開始
ホノルルマラソンでマラソンデビュー
宮古島トライアスロン2回フィニッシュ

40歳-50歳台
仕事、仕事、仕事、仕事、不規則な生活(食生活)により体重増加
職場の健康診断で問題なし

過去3年、とくに過去1年
仕事量をコントロールし健康第一に方針変更
体重減量中(現在 -10kg、目標78kg)
健康診断、人間ドックで問題なし

シミュレーション教育、日本医療教授システム学会
アメリカ心臓協会(AHA)日本医療教授システム学会国際トレーニングセンターディレクター(BLS、ACLS、PALSインストラクター)、ICLSコースディレクター・指導者養成WSディレクター、北米救命士協会コースディレクター(AMLS、PHTLS、GEMS)、日本医療教授システム学会代表理事
https://jsish.jp

著書など
急変させない患者観察テクニック(羊土社)
救急活動シミュレーション学習―受講者と指導者,通信指令員のためのワークブック(真興交易社)
スクリプトで学ぶ救急活動プロトコール―優れた台本に従えば自然にレベルアップできる画期的な学習法(真興交易社)
早わかり!救急科診療マニュアル(中山書店)
患者急変対応コース for Nurses(中山書店)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です