訪問看護とは?

訪問看護とは、病気や障害を持った方が住み慣れた地域やご家族で、その人らしく療養生活を遅れるようにサポートするサービスです。

三条しただ郷クリニックから看護師が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し療養生活を支援します。

保健、医療の知識と技術ある看護師が医師の指示にもどづいてご自宅に伺います。

訪問看護サービスのご案内

郷クリの池上医師と連絡を取り、心身の状態に応じて適切な看護を提供します。

健康状態の評価:血圧、体温、呼吸、脈拍などの測定、病状の評価と変化の判断、さまざまなアドバイス

日常生活の看護:医師の指示による医療的処置、清潔保持、排泄介助、食生活のケア、コミュニケーションの援助

そのほか:ご家族・介護者の相談、精神・心身的な看護、認知症の看護、終末期の看護など

入退院についての相談や福祉用具の利用相談、必要に応じてさまざまなサービス(社会資源)の紹介などを行います。医療機関と綿密な連携をとり、ご利用者様が安心して豊かな療養生活を送るための支援や調整を行います。

訪問看護サービスの日時:火曜日・水曜日の午後2時から午後5時まで

訪問看護の流れ

まずは受付、池上医師、ケアマネージャーにご相談ください。主治医(池上医師)からの「訪問看護指示書」を受けてから訪問看護がスタートします。

その後は主治医へ症状やオタクでの療養状況などの報告を毎月行うなど、常に密接な連絡を取り合って訪問看護を行います。

  • 訪問看護導入の流れ
    1. 訪問看護のご希望:患者さん・ご家族のご希望、池上医師の勧めなど。ケアマネージャーに相談してください。
    2. 郷クリへ相談・問い合わせ:ケアマネージャーから郷クリ受付け・池上医師へ依頼・相談。訪問看護依頼書を記入し提出。
    3. 連絡・調整:郷クリ担当者がケアマネージャーに依頼内容などを確認します。また患者さん・ご家族と事前訪問日を調整します。
    4. 担当者事前訪問:郷クリ担当者が患者さん宅に伺い、サービス提供内容などの重要事項説明、契約、主治医への指示書依頼などについて説明します。
    5. 訪問看護開始:主治医から訪問看護指示書が提出されたら訪問看護開始日を決定します。

  • 1時間の訪問看護の例:午後2時スタートの場合
    1. 14:00−14:15 バイタルサインチェックと観察・アセスメント
    2. 14:15−14:50 療養の世話、看護ケアなど
    3. 14:50−15:00 カルテ記載