●医療情報取得加算(2024.6月~)

1.電子資格確認を行う体制を有して質の高い診療を実施するための十分な情報を取得し、及び活用して診療を行っています。

●医療DX推進体制整備加算、在宅医療DX情報活用加算

医療DX推進のため以下の取り組みを行っています。

1.オンライン請求を行っています。

1.オンライン資格確認を行う体制を有しています。

1.マイナンバーカード保険証の診療情報を取得・活用することにより、質の高い医療や質の高い在宅、訪問看護等の提供を行っています。

正確な情報を取得・活用するため、マイナンバーカード保険証の利用にご協力をお願いいたします。

医療DXとは・・・保健・医療・介護の各段階において発生する情報やデータを全体最適された基盤を通して、保健・医療や介護関係者の業務やシステム、データ保存の外部化・共通化・標準化を図り国民自身の予防を促進し、より良質は医療やケアを受けられるように社会や生活の形を変えること。

※マイナンバーカードを保険証として使用するためには、カード取得後に健康保険証としての利用申込みが必要です。詳しくは、マイナポータルや厚生労働省のホームページなどを参照願います。

※院内に入れない「発熱外来」などでは、マイナンバーカードによる本人確認ができないことから健康保険証のみでの対応になります。忘れずご持参くださいますようお願いいたします。

●明細書発行体制等加算

1.明細書を患者様に無償で交付しています。

●一般名処方加算

1.薬剤の一般的名称を記載する処方せんを交付する場合に一般名処方の趣旨を患者様に十分に説明いたします。

●情報通信機器を用いた診療について

1.情報通信機器を用いた初診時には向精神薬を処方しない。